Slider

Android Wear アプリ

逸早く Android アプリを開発していた実績のある弊社(代表者)は、既にスマートフォンからウェアラブルへ視野を広げ Android Wear アプリの開発に取り組んでいます。 Android Wear が WiFi に対応した2015年から単体動作アプリの安定化、省電力化を研究し、Android Wear の進化と共に得てきたノウハウを強みとしています。

announceimg

センシング+クラウド

クラウドに直結したスマートウォッチは通知連絡、センサー等で得られたデータの収集に使うことができます。最新の Android Wear デバイスを用いることで、WiFi に接続したままセンサーを動かしても10時間以上連続稼動させることに成功しています。ネットワーク環境が限られた場所にしか整っていない現場でも、オフラインモードでデータ記録を行い、オンラインになった際に同期を取ることができます。業務内容に応じた専用アプリを提供することで、機能的な業務支援も実現しています。

announceimg

ディープラーニング

スマートウォッチで得られた加速度データをRGB画像に変換し畳み込みニューラルネットワークで分析します。人の動きは複雑で、データの波形処理は困難ですが、空間的に連続的な特性を示すパターン画像化による方式を開発しました(特許出願済み)。作業状況の記録だけではなく、動作と作業結果の相関分析、不調や異変の検知等のニーズに沿った機能を提供します。 ディープラーニングは非線形処理手段として、確かなデータを上手く入力することで、線形処理よりも高性能で、人力で分析しても気付かないような性質を捉えることができます。弊社はディープラーニングをどのように使うかという点において価値を創出します。

announceimg

導入課題の克服

ディープラーニングを実際に導入する際に、学習に用いる入力データを多く集める必要がある、演算コストが高い、といった問題に直面します。弊社の方式では、スマートウォッチの着用で日々データを収集し、入力データは特徴量となるため収束が早くコストを抑えることができます。また、分析だけではなく、スマートウォッチの特性を活かした、着用者に情報やガイド等をリアルタイムにフィードバックするシステムの開発を進めています。

announceimg

既存WiFiで位置検出

既に飛び交っている WiFi 電波を分析することで、GPS が利用できない屋内や屋根付きの場所でも位置検出を可能にします。設備投資やメンテンナスが不要で、広い範囲をカバーします。商業施設のガイドアプリ、10万平米の広範囲対応、工場内の中継器を用いた調査、マラソン大会での実験、など実績があります。業務改善において作業者の位置の把握は重要になります。

announceimg

新たな位置検出方式

既存WiFi電波を用いた位置検出に関してもディープラーニング技術の導入に成功しています。データ収集と学習を繰り返すことで精度を高められるため、特定の現場で利用するには適しています。精度については現場の環境(WiFi電波の量、建物の材質、入り組み具合など)に依存するため一概には言えませんが、スマートウォッチを用いた簡単な調査で確認することができます。

announceimg

Internet of Workers